読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

認知症改善方法で介護ストレス解放!~もう悩むことはありません~

認知症は一生治りません!付き合っていくしかありません!と医者にも親戚にも理解されずに孤独な介護から一変!認知症の問題行動がなくなり、介護ストレスから解放された認知症改善方法とは?

認知症改善方法介護ストレス解放!
認知症の人とその家族のための認知症改善による介護ストレス解消方法をご案内させていただいています

認知症の人の改善方法~これであなたは介護ストレスから解放されます!~

f:id:biken146:20170326193920p:plain

f:id:biken146:20170326194013g:plain

f:id:biken146:20170326193953j:plain

 

突然ですが、あなたは次のうちのどれかに当てはまりませんか?

f:id:biken146:20170326195735j:plain現在、認知症の家族を抱えている

f:id:biken146:20170326195735j:plain毎日の認知症家族の介護で疲れ切っている

f:id:biken146:20170326195735j:plain認知症の家族にどう接したらいいのかわからない



以上に当てはまる場合は認知症のケアをしっかりとできていない場合があります。
認知症の症状がどんどん進行してしまい、家族も本人も疲れきってしまう前に
ほんの5分だけこの手紙を読んでみてください。

 


これから認知症の症状を無理なくケアして、
上手に付き合っていく方法を初公開していきます。



毎日認知症の家族と付き合うことで心も体もボロボロになってしまっているあなたでも、
これからお伝えする方法を実践してもらえれば、認知症の人が普段何を考えているのか、
どうすれば認知症をケアしていくことができるのか分かるようになるでしょう。

 

 

はじめまして、認知症治療のアドバイザーをしている藤本と申します。

私は認知症専門のケアアドバイザーとして、
毎日多くの認知症や痴呆症でお悩みの方の相談にのっています。

認知症といってもさまざまで、重度の方軽度の方、
それに症状も様々で色んなケースがあります。

 

毎日、アドバイスをしたり、ケアする方法を教えているかいもあり、

「深夜の徘徊がなくなりました。」
「財布を盗ったな!と泥棒扱いされることもなくなって嬉しいです。」


と、今では沢山の患者さんから喜びの声をいただいています。



実は、私がこのサイトを立ち上げた理由はとても単純な事なのです。

それは、認知症の老人を抱えていて、それで悩んでいる人達があまりに多いから。
という理由です。

 


「そうだけど、認知症って進んでいく一方で良くならないものでしょ?」
と言う声が聞こえてきそうですが、そんな事はありません。



私の所に相談に来る方も次のような相談でやってきます。

「問題行動ばかりで私の方がおかしくなりそうです…」
「この先、どうやって接して行けば良いのか分からない…」


こういう相談があまりにも多くて、私は正直驚いてしまいました。



本当のところ、認知症の患者さんは一体何を考えているんだろう?
自宅でケアして、少しでも良い方向に認知症を改善させてあげられないだろうか?
家族と上手に付き合っていく秘訣はないだろうか…?
こんなことばかり毎日考えるようになったのです。

 

 

 

f:id:biken146:20170326194252j:plain

 

今から数年前にある認知症の方の家族に涙ながら言われたのが、
そもそもの始まりでした。



この方は、1年前から認知症と診断されて、今は薬とデイケア
週一回という日々を
過ごしていました。



認知症で深夜の徘徊は毎日。
トイレの場所も忘れてしまい、ところ構わずトイレをしてしまって
いるような状態でした。



そんな毎日が続くので家族は相当疲れきっている状態でした。



Aさんは、自分の体よりも家族の事を心配して、
なんとか少しでも認知症とうまく付き合って、問題行動や徘徊癖を少しでも
改善することができたらと思って、私の元に訪れてくれたのでした。



「ちょっとでもこの問題行動がなくなったら・・・」



認知症であるAさんのお母さん洋服を何度も広げては畳んでの繰り返しをしたりと、
言っても治らないどころか時には注意すると奇声を上げたり、どう対処したらいいのか
わからない状態でした。



食事を食べたことすら忘れて1日6食も食べている状態で、
「さっき食べ終わったばかりでしょ」と言うと、
「私を餓死させるの!」と急に怒りだしてしまうような状態でした。



毎日、生活するのにやっとの状態…。
いっその事どこかに消えてくれたらどんなに楽なんだろう・・・



相談者のAさんはそう思うようにさえなっていました。



「毎日数種類の薬を何年間も飲んできました。
 でも良くなるどころか逆に悪くなる一方です。」



「母には泥棒扱いされる始末・・・
 先生、私は一体どうすればいいのでしょう・・・」


Aさんと家族は、必死に涙ながらに訴えてきました。

そんなAさんを見てほっとくわけには行きません。



私はそれからというもの
認知症を克服する方法は無いだろうか?克服まで行かないまでも、
 進行をストップさせて症状を緩和する事はできないのだろうか?」
と考えるようになりました。

 


この日から、毎日研究の日々が始まりました。



狂った科学者のように引きこもり、
“どうすれば問題行動は無くなるのか?
認知症の人は何を思っていて、一体何を考えているのか?”
などを必死に考えてきました。


認知症を和らげることは不可能と言われていましたが、
それでもあきらめずに研究を続けてきました。



その研究も1年が過ぎようとした日の事です。

私は、“ある事”に気づいたのです。
その瞬間子供のように飛び上がって喜んだのを今でも覚えています。



そしてドキドキしながらもそのケア方法を今まで相談にきた
認知症の家族の人達に実際に家庭で試してもらう事にしたのです。



すると、あれほど夜中の徘徊や問題行動で悩まされて
いたのが、徐々に和らいでいったのです。



もちろん、1年間悩み続けたAさんも問題行動がめっきり減って、
物忘れや泥棒扱いされることがなくなっていったのです。

 


これは何か特別な事をしたり薬を使ったわけではありません。

ちょっとしたケアをプラスアルファで生活に取り入れるだけで
ガラッと症状は変わっていったのです。



事実、今までの常識では不可能とされてきた体に負担をかけずに、
進行を出来る限り食い止めて、自宅でケアする事ができるようになったのです。

 

 

f:id:biken146:20170326194452j:plain

 

「じゃあ早速その方法を教えて下さい」



はい、この方法を直接お教えしたい所なのですが、現在私の専門院が忙しくて
直接教える事はちょっと出来そうもありません。

 


そこで、認知症ケアの全てを詰め込んだマニュアルを作成しました。



認知症で悩んでいる家族、または本人の為に基本からしっかりケアしていく方法を
お伝えしていきたいと強く思ったのが、今回の執筆する理由になります。

 

 

マニュアルを理解してしまえば、あなたのご家族の症状もどんどん和らいでいき、
夫婦や家族で外食に行って楽しくおしゃべりができたり、気分転換の外出が出来るように
なるでしょう。



また、あなたの介護疲れやストレスもウソのように吹き飛び、本来のハツラツとした
元気なあなたに生まれ変われるでしょう。


また、認知症患者本人も今までとは違い、元気ハツラツになり、問題行動も減り
家族にだけ辛く当たるなどの行動もなくなるはずです。


ご家族の負担も減り、家族全員笑顔で認知症の症状ぐんぐん和らいで行くのが
実感できるでしょう。


もう、家族の不安もなくなり、認知症の人がいることから来る心労やストレスも
無くなり、本人が何を考えて求めているのかが分かるようになるのです。



今まで、悩まされてきた様々なストレスに悩まされる事は今後無くなるはずです。

想像してみてください。

健康的な体で毎日元気いっぱいに過ごしている、本来のありのままのあなたの姿を・・・

 

f:id:biken146:20170326194810j:plain

f:id:biken146:20170326195411j:plain